2011.03.02

セラピードッグ講習会

先週末、マロ母はUCLAのロナルド・レーガン病院にて、セラピードッグの講習会を受けてきました。

photo (3).JPG

「セラピードッグ」とは『触れ合いや交流を通じて、病気やケガまたは精神的な痛手を受けた人の不安を減らし気力を高め心と体を癒す働きをする高度な訓練を受けた犬』のことをいいます(wiki参照)。
そのため、セラピードッグは、対人コミュニケーションの十分な訓練が行われているのはもちろんのこと、治療プログラムに沿った役割が担えるような訓練が身についていなければなりません。

<セラピードッグの適正とは?>

性格 : 温厚で怖がりでないこと、社交的、環境適応能力が高いことなど
知能 : 訓練能力が高いことなど

<セラピードッグトレーニングとは?>

環境適応訓練 : 他の動物や音、物音、食べ物などに動じない
服従訓練 : Heel、Sit、Down、Wait、Comeなど
特殊訓練 : 持来、遠隔操作訓練、その他プログラムに必要な訓練

マロにできるかは分かりませんが、マロの性格はセラピードッグ向きではあります。
元々は、家庭犬としてふるまいが良ければそれでよし!と思っていたのですが、
ドッグパークでの行動を見て、「これはひょっとして、社会貢献に向いている性格かも?」と
思い、講習会を受けることにしました。

ドッグパークでのマロの行動には面白いものがあります。
何が?と言うと、「とにかく子供が大好き!」ということです。

他に一緒に遊ぶ犬がたくさんいる公園で、子供とずーっと一緒にボールを追っかけっこしたり、
付いて回って、かなり長い時間遊んでいます。
その度に、そのお子さんのご両親からご挨拶を受けるのですが、マロと子供はなかなか帰りたがりません(笑)。
子供に優しくできる、長い間一緒に遊ぶことができる、そういった社会性が目に止まりました。

しか〜し、セラピードッグになるためには、24の試験をクリアしなければなりません。

DSC_0811.jpg

サングラス掛けて、ブイブイ言ってる場合じゃないよ!マロさんや。

DSC_0810.jpg

楽しく一緒にトレーニングしようね♪






黒柴のランキングに登録しています↓
にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村
posted by 黒柴マロ at 04:55 | Comment(0) | セラピー犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。